千葉県美術会

千葉・県民芸術祭「文化でつなぐ千葉のちから」
第67回 千葉県美術展覧会(県展)開催要項

開 催 要 項

1.趣   旨

本展は本県の美術家の作品を広く紹介するとともに、県民の美意識を高め、郷土美術文化の振興と情操の純化に資することを目的に、毎年1回開催する。

2.主   催

千葉県美術会・千葉県

3.後   援

千葉県教育委員会・千葉市・千葉市教育委員会

4.会   場

千葉県立美術館 千葉市中央区中央港1−10−1

5.部   門

作品の種類により、次の5部門に分ける。
第1部 日本画
第2部 洋画(版画を含む)
第3部 彫刻
第4部 工芸
第5部 書道(篆刻を含む)

6.会   期

平成29年9月30日〜10月22日まで 9:00〜16:30まで

前期(日本画・彫刻・書道)9月30日(土)〜 10月9日(月・祝)(10日間)
最終日10月9日(月・祝)は16:00まで

後期(洋画・工芸)10月13日(金)〜 10月22日(日)(10日間)
最終日10月22日(日)は16:00まで

(10月10・11・12日は陳列替えのため休館)

7.出   品

(1)顧問・名誉会員
(2)会員(参事・常任理事・審査員・理事・依嘱・準依嘱・一般会員)
(3)公募( 本県在住者及び本県出身者・本県在勤者・本県在学者にて、本年4月1日現在満18歳以上、原則として高校生は出品できない)

*(1)(2)(3)いずれも各部門1人1点とし、作品は自己の制作したもの、審査対象の作品については、原則として未発表のものとする。
* 受理した作品は撤回することができない。但し当該部門の常任理事の半数以上の承認があった場合はこの限りではない。

8.公募出品料

6,000円
(顧問・名誉会員・会員は無料。但し会員は規約により会費7,000円を納入する。)

9.作品規格

第1部 日本画

10号以上で上限は額を含めた寸法は106cm×86cm以内とし、正方形の場合は額を含めた寸法86cm×86cm以内とする。

第2部 洋画
(版画を含む)

特別な場合を除き原則として額装とする。
・F50号以内とする。但しS型は30号以内、一般会員と公募に応じた作品の額幅は7cm以内、厚さ10cm以内とし、構成の全てがその厚さの中に収まるようにする。
・水彩でマット使用の場合、額装した大きさがF50号に7cm幅の額をつけた(マット+額)大きさを越えないこと。水彩40号以下の作品のマット幅は10cmまで認める。
・作品が額からはずれないようにする(両面テープは不可)不適当なものは搬入を受け付けないことがある。
・顧問・名誉会員・参事・常任理事・理事は130号以内とする。

第3部 彫刻

重さ2トン以内。陳列可能なもの。

第4部 工芸

特に制限はないが陳列可能なもの。(正面のわかりにくい作品には展示指示書又は正面写真をつけること。)

第5部 書道

額を含めた寸法(必ず表装すること。役員を含めアクリルなどは使用不可。但し篆刻作品は除く。)

◆名誉会員・参事・常任理事
A 縦242cm×横121cm(8尺×4尺)以内(縦長のみ)
B  182cm× 182cm(6尺×6尺)以内

◆理事・監事・依嘱・当番審査員(常任理事以上を除く)
A 縦242cm×横60cm(8尺×2尺)以内(縦長のみ)
B  182cm× 91cm(6尺×3尺)以内縦横自由
C  121cm× 121cm(4尺×4尺)以内

◆準依嘱・一般会員・公募に応じた作品
A 50cm×182cm以内縦横自由
B 91cm×91cm以内

1.巻物・軸物はみとめない。
2.篆刻は印影だけでよいが、陳列しやすいように紐を付け、額装などに仕立てること。
3.作品が額からはがれないようにする。(両面テープは不可)不適当なものは搬入を受付けないことがある。

*審査対象者の額装について(各部門共通)
(1)準依嘱以上の役員はアクリル板であれば使用してもよい。(但し、書道部門を除く)
(2)日本画・油絵・書道(篆刻作品を除く)の一般会員と公募に応じた作品はガラスもアクリル板も使用できない。
(3)版画・工芸はアクリル板であれば使用してもよい。
(4)水彩はアクリル板使用しないのが望ましい。(光を反射して作品が見づらくなる場合がある)

10.授   賞

県展賞・・・各部門1名、準依嘱より選考する。
県美術会賞・知事賞・県議会議長賞・県教育長賞・県立美術館長賞・県文化振興財団理事長賞・県内各市長賞・奨励賞・・・以上一般会員及び公募に応じた作品より選考する。

11.搬入・搬出

(日程・場所、すべて県立美術館内)
搬入日当日、別に定める様式の出品申込書と出品料、鑑・審査結果通知用封筒(住所・氏名明記、切手不要)を添え、下記により作品を搬入し、受付とする。

部門

日本画

洋画

彫刻

工芸

書道

搬入場所

第1実技室
県民アトリエより
搬入口室
本館搬入口
搬入口室
本館搬入口
第2実技室
県民アトリエより
搬入口室
本館搬入口

搬入期日
時間

9月13日(水)
10:00〜
15:00
9月16日(土)
9月17日(日)
10:00〜
15:00
9月17日(日)
10:00〜
15:00
9月18日(月)(祝)
10:00〜
15:00
重量物
17:30〜
18:30
9月16日(土)
9月17日(日)
10:00〜
15:00
9月12日(火)
10:00〜
15:00

搬出期日
時間

10月9日(月)(祝)
16:00〜
17:30
10月10日(火)
9:30〜
11:30
10月22日(日)
16:00〜
17:30
10月23日(月)
9:30〜
11:30
10月9日(月)(祝)
16:00〜
17:30
10月10日(火)
9:30〜
11:30
10月22日(日)
16:00〜
17:30
10月23日(月)
9:30〜
11:30
10月9日(月)(祝)
16:00〜
17:30
10月10日(火)
9:30〜
11:30

入選しなかった作品

10月6日(金)10:00〜
15:00に搬出(洋画部門のみ)
10月7日(土)10:00〜
15:00に搬出(全部門)

*搬入は決められた搬入場所から出入りして下さい。正面入口は使用しない。
*出品票は楷書で読めるように記入。
*時間外は受け付けない。
*宅配便による作品搬入は受け付けない。
*作品は必ず期日内に搬出すること。期日内に搬出しない時は業者(東美千葉店 043-224-1298)に保管を委託する(搬出・保管料は出品者負担)。主催者側では責任を負わない。
*出品作品の搬入出に要する費用は、すべて出品者の負担とする。
*作品の受理及び保管に関しては主催者側において会期中の責任を負う。但し、天災その他不慮の事故・災害による損害は責任を負わない。
*会期最終日の搬出時の駐車場の使用は一般参観者を優先するため、16:00以降からの使用にご協力ください。

12.鑑査および審査、陳列日程

日本画

洋画

彫刻

工芸

書道

鑑査・審査

9月14日(木) 9月18日(月)(祝)
9月19日(火)
9月19日(火) 9月18日(月)(祝) 9月13日(水)
9月14日(木)

陳列日

前期陳列
9月29日(金)
後期陳列
10月11日(水)
10月12日(木)
前期陳列
9月18日(月)(祝)
9月19日(火)
後期陳列
10月12日(木)
前期陳列
9月28日(木)
9月29日(金)

(1) 公募に応じた作品について各部ごとに鑑査を行い、入選したものを陳列する。
(2) 会員作品については鑑査を行わない。
(3) 入選・選外通知は出品者本人宛、鑑・審査結果通知用封筒にて通知する。
(4) 会員及び入選作品について各部ごとに審査を行い、各賞を決定する。審査結果(入賞通知)は郵便にて本人宛通知する。
(5) 出品者は鑑査、審査及び陳列作品の配置などに対し異議を申し立てることはできない。
*電話による鑑別・審査結果などへの問い合わせはできない。(9月21日(木) 全部門 鑑・審査結果通知及び入賞通知発送予定)

13.作品解説会

会期中各部審査員による作品解説会を開催いたします。

部門

日本画

洋画

彫刻

工芸

書道

解説担当者

立石秀春 M田清 吉野毅 明石研一 種谷萬城

解説日

10月1日(日) 10月15日(日) 9月30日(日) 10月15日(日) 10月1日(日)

時間

13:00〜 13:00〜 13:00〜 13:30〜 14:00〜

14.第67回県展授賞式および出品者懇親会

10月13日(金) 15:30〜

ホテルポートプラザちば(TEL 043−247−2877)
会費 5,000円(当日納入)

15.入場料

無料

16.出品申込書を希望する時は返信用封筒(長形3号・23.5×12に切手92円貼付、宛名明記)を同封して事務所に申し込む。

17.公募に応ずる方は搬入の時、本会の定める鑑・審査結果通知用の封筒を出品票に付けること。(宛名明記、切手不要)

18.作品の模写・撮影は県展事務局の承認を得なければならない。

千葉県美術会

〒260-0024 千葉市中央区中央港1−10−1 千葉県立美術館内
TEL・FAX 043−242−5587
(事務職員出勤日時 火・水・金、10:00〜16:00・県展会期中は毎日 9:00〜16:30)